<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

情景1999年度版:No.1999-205

恋するテディボーイ/香村陽子/描写無/その他



<情景>
肩下までの髪をショートヘアにして登場します。。

<お勧め度>


**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-31 19:49 | 漫画<髪切版>

情景1999年度版:No.1999-204

超時空要塞マクロスⅡ/岡崎つぐお・冨田祐弘/描写無/断髪

<情景>
イシュタルが腰まである髪をショートにします。
OVAを漫画化したものです。

<お勧め度>
★★

**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-30 06:52 | 漫画<髪切版>

ウィズ

ウィズ

「オズの魔法使い」をベースにしたミュージカルを映画化したもののようだ。
概ねストーリーは「オズの魔法使い」だが、全て黒人キャストである。



ドロシー役のダイアナ・ロスに最初違和感を覚えたのだが(だって少女ですから>ドロシー^^;)、観てるうちにぐいぐいと引き込まれてしまった。
マイケル・ジャクションの踊りがなんとも切れがあるのだ。それも生半可なものじゃない。
ブリキ役のニッシー・ラッセル、ライオン役のテッド・ロスも実に素晴らしい。

「オズの魔法使い」がベースなのだが、その世界観を見事に食べてしまっている。^^
ちなみに仮装大賞のオープニングに使われてる曲は、この映画の曲からである。
[PR]
by MRookie | 2006-01-29 09:54 | どうでも雑記

電車男@道家版

電車男/中野 独人 (著), 道家 大輔 (著)/秋田書店

道家版「電車男」も全3巻で終了である。
ほぼストーリーは小学館から出版された、原秀則版と変わらない。



だがストーリー展開の違い(話の広げ方と言うべきか)、視点の違い、それにエルメス・電車のキャラクターの違いがあって、これはこれで面白く読めた。

原版は電車男がすっかり様変わり――まあそれでも根は変わらないのだが――し、普通の一般人になってしまった。
道家版は、確かに変われども、どこか頼りなさ気で、「草食獣」っぽさが残っていて好ましく思える。
イケてさは原版のほうが上な気がする。

エルメスは、原版に比べて道家版の方が実にユニークだ。
原版は大人の綺麗系な女性として描かれている。
それに対し道家版は:
どうすればあんな風になるのか教えて欲しい髪型。w
ちょっとドジで天然気味で、「可愛い系」といえる。

若干道家版のほうが絵に癖があり、好き嫌い分かれるかもしれないが、親近感のわく感じだ。
勿論両方読んでも飽きることは無いと思う。
[PR]
by MRookie | 2006-01-28 07:31 | 漫画・小説<一般>

情景1999年度版:No.1999-203

花のあすか組14巻/高口里純/断髪

<情景>
散髪シーンのみがあります。

<お勧め度>


**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-27 06:01 | 漫画<髪切版>

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流/角川書店

涼宮ハルヒが主人公に髪型の法則(秘密)を見破られてしまったため、腰まである髪を肩まで切ってしまいます。
描写はありませんが、イラストで髪を切る前と切った後が確認できます。



なお4月よりアニメも放映される予定だそうです。
京都アニメーション
[PR]
by MRookie | 2006-01-26 06:44 | 小説<髪切版>

情景1999年度版:No.1999-202

TVジャッカー1巻/河方かおる/描写有/自発断髪

<情景>
肩甲骨あたりまでの髪を鋏でざっくりとショートにします。

<お勧め度>
★★

**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-25 07:15 | 漫画<髪切版>

情景1999年度版:No.1999-201

光へのストローク1巻/ひたか良/描写無/その他

<情景>
水泳をするためにサイドポニーにしていた髪をベリーショートにしてしまいます。

<お勧め度>

この絵柄が好きなら+★

**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-24 06:57 | 漫画<髪切版>

情景1999年度版:No.1999-200

ブッタ第10集アジャセ/手塚治虫/描写無/自発断髪

<情景>
腰まで届くほどの黒髪を剃髪してしまいます。

<お勧め度>
★★

※文庫版です

**********************************************
[PR]
by MRookie | 2006-01-23 06:59 | 漫画<髪切版>

古典妖艶童話文学集/千之ナイフ

古典妖艶童話文学集/千之ナイフ

千之ナイフ氏の漫画を初めて読んだ時、衝撃を覚えた。
「百面相サーカス」という作品だった。
何気なく手に取ったはずの漫画だったのに、以来私は氏の漫画の虜になってしまった。

繊細で細くまるで、西洋人形のような可憐な少女。長い髪は前髪もそれ以外も、ひたすらまっすぐに揃えられている。
こちらまでさらさら感が伝わったきそうな髪の描写である。
そんな少女達が時には悪夢のような惨事に見舞われたり、時には妖艶に描かれている。



当作品古典妖艶童話文学集「サド」(左の絵)、「テンペスト」(右の絵)の二作品も千之ナイフ氏の世界を存分に味わえる作品である。
前半的に暗澹で残酷で妖艶な雰囲気な作品が多いのだが、どうしても繰り返して読みたくなる。
「あはれ」という印象だろうか。
このような独特な世界観を持った漫画家は少ないような気がする。

万人にお勧めしがたい漫画ではあるが、興味があったら読んで頂きたい。
なかなか書店で入手しづらいのも難点である。

なお非公認の氏のファンサイトがある。
そちらも是非一度ご覧あれ。
[PR]
by MRookie | 2006-01-22 09:05 | 漫画・小説<一般>