三人のゴーストハンター/集英社文庫

三人のゴーストハンター/我孫子武丸・田中啓文・牧野修/集英社文庫

怪異現象がらみの事件ばかりを扱う「国枝特殊警備保障」。そのメンバーである洞蛙坊、比嘉、山県の三人がおのおのの特殊能力を生かし、怪異事件を解決してゆく。そして個々の事件を結びつけるのに幽霊屋敷の事件が浮かび上がったのだが――



いやあ、面白い。実に面白い。
普通のアンソロジーかなと思って読み始めたのですが、見事なコラボになって一つの物語になっている。
そして初!?のマルチエンディング。三人が幽霊屋敷事件に立ち向かい、それぞれが異なる集結を迎える。
こ3人の作家の個性が見事にマッチしていて、そのうえそれぞれの個性が競い合うように主張しあっている。

ああ……いけない。こうして書いているうちにまた読み返したくなった。
[PR]
by MRookie | 2005-05-28 10:08 | 漫画・小説<一般>
<< 電車男@もうひとつの漫画版 傷んだ髪にタウリン >>